子供の頃から膵炎と一緒。。。出産後、慢性膵炎を繰り返し、イヤだった手術を乗り越え?大好きな 「食べること」を実現するために、体がしんどい時もあるけれど、楽しんで子育て中。。。。。 そんな日々の つぶやき。。
カテゴリー
最近
プロフィール

めっしー

Author:めっしー


子供の時から膵炎と一緒。
出産後、慢性膵炎を繰り返し、娘の人生の半分以上を病院で過ごしてしまいました。詳しくはコチラ



自宅でIVHをしたり〜
ヘリ搬送で、嫌だった手術を受けに行ったり〜
モルヒネ生活をしたり〜

体力不足でリハビリしながらボチボチ生活してます。。。
まぁ、なるようになるさっ

入院歴はコチラ



妊娠&産後に飲んでいた薬はこちら

手術後に飲んでいた薬はこちら

ヤクのローテーションにより今飲んでる薬はこちら

ヤクのローテーション失敗により、考え出された?
飲み方はこちら


「のみぐすり」でブログ内検索して
私が過去に飲んでいたくすりはこちら

コメント
月 別

ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

 ↓ メールは ↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日~Upして間もなくト○レへ~
先生達の声が聞こえ、夕方の回診がちょうど来て…スルーすると思ったら…
ドアを叩いて(驚
「めっしーさん、どお~?」
と、イキナリ扉越しに会話?
違う人だったらどうしたんだろ…(笑
すぐ脱出できる状態じゃなく~先生達は去って行き…
頑張ったぁ~
冷や汗でるわ~気持ち悪くなるわ…大騒ぎ
暫くして先生達が再び~
5週間は辛かったと言ったら
「次は3週間にしよう…今回は、めっしーさんの勝ちだ」
って、勝ち負けの問題じゃナイし~
まっ、無事ご対面できたカラ …ふぅ~
愛用の下剤は「ラキソベロン」15滴
スポンサーサイト
<< 血混じり? 血液けんさ 20070618 // HOME // 5週間の貯金 >>
めっしーさん:

まずは、一安心!おめでとうございます・・・ですネ!

入院生活の変化がありました。ひまつぶしに、ご一読の上、ご失笑いただければ・・・。


◎ 修行日記:平成19年6月14日(木曜日)
〜 【ERCP(内視鏡的胆膵管造影)】【EST(内視鏡的乳頭括約筋切開術)】の秘伝(施術)を受ける! 〜 

 一時、「1,200」あたりから、収束(低下)傾向が見られなかった「血清アミラーゼ」の数値が、「フサンの24時間持続点滴」と「ミラクリッド5万単位(1日3回)」の併用によって、緊急入院(5/21)以来、25日目にして、ようやく「230」台へと落ち着いてきたため、いよいよ、次のステップへと進むことになりました。

○ 秘伝!【膵管へのステント挿入】の巻!
  6/14(木)、午前中、
   【ERCP(内視鏡的胆膵管造影)】【EST(内視鏡的乳頭括約筋切開術)】の秘伝を受ける。
・ まず最初に、内視鏡を十二指腸まで入れて、膵液と胆汁が合流して十二指腸に流れ出す出口の「ファータ乳頭」括約筋の一部を電気メスで切開。
その後、「膵管」にステントを挿入。
このステントを目印に、「ESWL(体外衝撃波による膵石破砕)」を行う際、「照準」を合わせるとのこと。
※ 大僧正(医師)の事後談
・ 通常の2倍程度の時間を要したが、なんとか膵管にステントを挿入した。
(今回の所要時間は、約2時間程度・・・と思う。意識混濁で、はっきりと覚えていません。)
(患者によっては、膵管に挿入できない場合、「照準の目印」を作るため、代わりに胆管に挿入することもある、とのこと。)
・ ステント挿入時、「膵石のかけら(白い破片様)」が乳頭から排出された。(ごく一部分)
・ 「処置の3時間後」と「翌朝(6/15)」の血液検査の結果、「ESWL(体外衝撃波による膵石破砕)」の施術日を検討する。
※ 処置(施術)の途中、暴れたため、鎮静剤を通常の2倍投与される。
(自分も、左足親指と右膝部分を負傷したが、立ち会いの僧正(先生)方、暴れて済みませんでした・・・。)
※ 処置(施術)後、腹痛のため、「ソセゴン」の注射を受ける。
(膵臓をいじくり回されて、「ステント」まで挿入されたので、痛い!
いわゆる膵炎の急性期症状が出てきたみたい!)
※ 救いは、
  痛み止めの「ソセゴン」の注射(術後1回だけ)と
  「フサン」の持続点滴・「ミラクリッド5万単位の投与(1日3回、8時間毎)」
 が継続されていること!
 これさえあれば、取り敢えず、急な悪化は防げるか・・・?
/(記:平成19年6月14日(木曜日))

   
◎ 修行日記:平成19年6月15日(木曜日)
〜 【ESWL(体外衝撃波による膵石破砕)】の「続」秘伝(施術)を受ける。 〜 

 昨日(6/14)の施術の結果、アミラーゼ数値は、再び「300」台に上昇。
腹痛の自覚症状もあり、「膵炎の増悪」が認められ、「今、無理しなくても、じっくり時間をかけて膵臓が落ち着いてから」と言う大僧正(医師)を言葉巧みに説き伏せて、なんとか第1回目の「ESWL」へとこぎつけました。    

○ 続・秘伝!「ESWL(体外衝撃波による膵石破砕)」(1回目)の巻!
  6/15(木)、午前中、【ESWL(体外衝撃波による膵石破砕)】の秘伝を受ける。
・ 所要時間
1時間15分(3,000発)
・ 鎮痛剤等
 ・ 施術前 〜 念のため、「インテバン座薬」(50?)を施術30分前に投与される。
・ 施術中 〜 「ソセゴン」1アンプルを2回に分けて側管ルートから静注。
しかし、鎮痛剤等の投与を事前・施術中に受けていても、無痛状態は、最初の100発程度で、以後、1発づつに「内臓を刺すような刺激(痛み)」が、継続して自覚された。
※ 看護師の話によれば、
  「尿道結石」等の体外衝撃波による破砕の場合も、鎮痛剤は投与されるが、ほとんど効果が無いようである。
とのこと。
(只ただ、1発ごとの「刺すような痛み」に耐えるだけ。)
※ これから先、何回これを受けるのやら・・・?気が重いです。
/(記:平成19年6月15日(金曜日))
【2007/06/16 Sat 19:39 】 URL // take [ 編集 ]
*takeさん*
その後の調子はいかがですか?
読んでいるだけで、痛みが伝わってきます。
ERCPだけでも、暴れる程、辛いのに…私の膵炎は、膵管の狭くなってる所ステントが入れば、解決できると思うのですが〜色々ためしたケド不可能で…暴れまくり(汗
眠らされ強引にやられて、多臓器不全&キツイ膵炎になった過去があり、ERCP=つらいっ!
なのに、それ以上のコトをされていて〜しんどいだろうなぁって思います。
でも、またやられるんですよね〜ソセゴンで、乗り切れますように…
【2007/06/19 Tue 13:38 】 URL // [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://meshikusa.blog93.fc2.com/tb.php/162-66fcbf09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。